So-net無料ブログ作成
お気に入りの映画 ブログトップ
前の10件 | -

映画『ソフィア・コッポラの椿姫』 [お気に入りの映画]

s-『ソフィア・コッポラの椿姫』チラシ.jpg

オペラ映画『ソフィア・コッポラの椿姫』を観てきました。(10月9日 TOHOシネマズ・スクリーン6 12:40~)

s-『ソフィア・コッポラの椿姫』チケット.jpg

s-『ソフィア・コッポラの椿姫』TOHOシネマズ・スクリーン6 .01.jpg

s-『ソフィア・コッポラの椿姫』TOHOシネマズ・スクリーン6 .02.jpg

2週間限定でしかも上映は1日に2回のみ。特別価格で一律3000円にもかかわらず、おそらくオペラファンはかなりいることを想像して前売り券を購入。正解でした、当日上映前にはすでに完売になっていました。

s-『ソフィア・コッポラの椿姫』TOHOシネマズ・スクリーン6 .03.jpg

久々にステージ・オペラを堪能してきました。開演前のローマ歌劇場の客席が映し出されただけでもうウルウルです。着飾った観客の中、多くの方々がスマホで記念写真を撮っております。「へぇ~、今はこうなんだ…」チョッピリ驚きです。

前奏曲の途中で幕が上がっていきます。第一幕ヴィオレッタの客間、これまで見たことのない大きな階段が表れて開幕です。まず感じたのが録音の良さ、オーケストラが正に目の前で演奏しているようで、弦楽器の音色に全身が包み込まれるようです。加えてヴィオレッタもアルフレードも、ダイナミックで力強い歌声です。これほどダイナミックな『椿姫』は初めてです…!

加えて今回の売りである衣装デザイン、パリ社交界の花形を豪華絢爛たる衣装で楽しませてくれます。第一幕、ヴィオレッタの家のパーティ・シーンは、

s-『ソフィア・コッポラの椿姫』ヴィオレッタの衣装.01.jpg

第二幕二場、フローラの家でのパーティーでは、

s-『ソフィア・コッポラの椿姫』ヴィオレッタの衣装.02.jpg

終幕のネグリジェは、肩の中に花々が咲き誇っております…。

s-『ソフィア・コッポラの椿姫』ヴィオレッタの衣装.03.jpg

衣装デザインは世界中の女性が憧れるハイブランドの創始者、ヴァレンティノ・ガラヴァーニ。さすがイタリア・ファッション、豪華で迫力満点です。ヴィオレッタを歌うソプラノ、フランチェスカ・ドットの発声は衣装に負けぬようにダイナミックだったのですね。デジタル・ドルビーのクリアな音響と相まってガンガン迫ってきます。久々に全身でオペラの楽しさが満喫できました。

ただひとつを除いて…

s-『ソフィア・コッポラの椿姫』第1幕 乾杯の歌 アルフレード.jpg

写真中央は“乾杯の歌”を歌うアルフレード役のアントニオ・ポーリです。艶があり端正なテノールで、ヴィオレッタに負けず劣らぬダイナミックな歌声を披露してくれます。もう数えきれないほどアルフレードを歌っているのでしょうね、魅了されてしまいます。

ただ、ただ、なのです…。この“乾杯の歌”の歌のあと、ヴィオレッタに純粋な気持ちを歌うアルフレードの目線が定まらないのです。自分の右上、観客から見て左上を気にして目が動きます。一回、二回ならともかく何回もです。考えられるのは、プロンプターとしてのモニター、あるいは指揮者を映し出したモニターが下手上にあり、気にして見ていたのではないでしょうか。目線の動きが監督の演出としては考えられません。素人の私でも気になってしょうがないのです。物語の進行とは一切関係ありませんので…。監督もカメラマンも気が付かなかったのでしょうか、編集の時点でも…。おそらく撮り直しが出来ない状態だったのでしょうね。二幕、三幕ではありませんでしたので安心してヴェルディの世界に浸りました。

久々にオペラの醍醐味を味わいました。海外のオペラ座の引っ越し公演は料金が高くて、夫婦ふたりで容易には行かれません。東京ではS席が5万円もするのですから…。日ごろ、自宅でCDやDVDで我慢をしておりますが、やはり感動が違います。昨今の映画館の新しいシステムにエールを送ります。次回はどの作品が見られるのでしょうか、楽しみです…!



nice!(0)  コメント(0) 

映画『君の名は。』&『この世界の片隅に』Blu-ray Disc [お気に入りの映画]

昨年、日本映画界に大きな衝撃を与えたアニメ映画のDVDとBlu-ray Discがこの夏から秋にかけて相次いで発売になり、Blu-ray版を早速購入しました。作品は『君の名は。』と『この世界の片隅に』です。先にDiscのパッケージ・デザインを紹介します。

s-『君の名は。』01.jpg

s-『この世界の片隅に』01.jpg

内容については十二分に知れ渡っているのでつべこべは言いませんが、ひと言だけ…。まず『君の名は。』は国内の興行収入が250億円を突破して、邦画の歴代記録としては『千と千尋の神隠し』に続く久々の大記録を打ち立てました。海外公開も135の国と地域に及び世界的にも大ヒットとなりました。

s-『君の名は。』02.jpg

さらにハリウッドで実写映画化されることが、9月28日に東宝から発表されました。これからの制作ですから公開は2、3年後になることでしょうね。楽しみです。

『この世界の片隅に』は16年11月から劇場公開されて、17年10月現在いまだに劇場公開が続いております。DVDなどがすでに発売になっているのにも関わらずです…。第40回の日本アカデミー賞をはじめ、世界中の映画祭のアニメ部門で作品賞、監督賞、音楽賞などを受賞するなど、まさに名作の貫禄があります。

s-『この世界の片隅に』02.jpg

小学生の時から映画館で映画を見続けて、ディズニーの“ファンタジア”でその映像と音響に驚かされて以来アニメのみならずディズニーものが私の血となり肉となっております。“トイ・ストーリー”や“モンスターズ・インク”でPIXARのCGの世界に入り込み、“となりのトトロ”や“千と千尋の神隠し”などでジブリの存在を知りました。この半世紀を経て、アニメの世界がどんどん新しい時代へと進化していることが実感できます。あと半世紀後は体験できませんが、どこまで新しい作品に巡り合えるのかがとても楽しみです…!


nice!(0)  コメント(0) 

映画『ナミヤ雑貨店の軌跡』 [お気に入りの映画]

s-『ナミヤ雑貨店の軌跡』ギャラリー00.jpg

s-『ナミヤ雑貨店の軌跡』ギャラリー01.jpg

映画『ナミヤ雑貨店の軌跡』を観てきました。(9月26日 TOHOシネマズ・スクリーン8)

s-『ナミヤ雑貨店の軌跡』チケット01.jpg

s-『ナミヤ雑貨店の軌跡』TOHOシネマズ・スクリーン8.01.jpg

s-『ナミヤ雑貨店の軌跡』TOHOシネマズ・スクリーン8.02.jpg

冒頭、1980年代の商店街が描写されます。いきなり昭和の時代に呼び戻されてビックリ…。そのリアルさは映画『三丁目の夕日』を上回っております。我々年配者にとっては懐かしさと共に、一気にスクリーンの中に突入させてくれた見事なオープニングです。

舞台となるナミヤ雑貨店のご主人は、よろずナヤミ相談を日々楽しんでいます。映画公開前に宣伝を兼ねてその一部の相談事が毎朝、新聞に掲載されました。公開三日前からの紙面を紹介します。

s-『ナミヤ雑貨店のナヤミ相談』01.jpg

s-『ナミヤ雑貨店のナヤミ相談』02.jpg

s-『ナミヤ雑貨店のナヤミ相談』03.jpg

s-『ナミヤ雑貨店のナヤミ相談』04.jpg

物語はこのナヤミ相談の返事を巡り、2012年を軸にして1980年からの出来事が入り組んで展開します。一見関係なさそうなエピソードが、ラストで見事なほどひとつになります。すべてがつながった瞬間から涙腺は緩みっぱなしでした。映画、映像としてはシーンを繋ぎ合わせる作業ですが、原作、活字の本としてはかなり難しい作業ではないでしょうか。文字だけで年代を様々に交差させるのですから…。当然ながら作家の力量は素晴らしいものなのでしょう、原作本が読みたくなってしまいました。

登場人物それぞれの個性と人格の描き方も申し分ありません。さらに重要な役割が宅配の牛乳受け箱です。

s-『ナミヤ雑貨店の軌跡』ギャラリー02.jpg

s-『ナミヤ雑貨店の軌跡』ギャラリー03.jpg

今では完全に姿を消してしまいましたが、この映画によって記憶がよみがえりました。牛乳箱にも時代を背負った生き様があったのですね…。

s-『ナミヤ雑貨店の軌跡』チラシ01.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

映画『関ケ原』 [お気に入りの映画]

s-映画『関ケ原』チラシ.01.jpg

映画『関ケ原』を観てきました。(9月11日 TOHOシネマズ日本橋・スクリーン6)

s-映画『関ケ原』チケット.jpg

s-映画『関ケ原』TOHOシネマズ日本橋・スクリーン6.01.jpg

s-映画『関ケ原』TOHOシネマズ日本橋・スクリーン6.02.jpg

戦国時代の最大の合戦“関ケ原の戦い”が映画となりました。これまでに何度もTV化や映画化されたお馴染みの題材です。NHKの大河ドラマとすれば、一年間約50回かけて放送してもおかしくないほどの内容を、2時間半で仕上げた力量は見事と言うしかありません。TVの画面では決して味わえない濃密で濃厚な仕上がりです。

脚本の素晴らしさはもちろんのこと、撮影や衣装、本物と見間違うほどの合戦シーンなど、演出の素晴らしさにも感嘆してしまいます。もちろんキャスティングは現在望みえる最高の役者さん達です。みなさんはまりすぎています。

s-映画『関ケ原』キャスト・ギャラリー.jpg

最近の邦画は、アニメや学園もの、お涙頂戴の恋愛ものなどが主流で、私みたいな年代になると映画館でお金を払ってでも見たい作品はとても少なくなっております。そんな中で見たこの『関ケ原』は、久々に邦画の良さが実感できてとても嬉しいです。作り手の必死さもスクリーンから伝わってきます。

s-映画『関ケ原』チラシ.02.jpg

余裕ある時間と、余裕ある予算があれば見ごたえのある作品が出来上がるのです。さて、次は何を見に行きましょうか?…


nice!(0)  コメント(0) 

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』 [お気に入りの映画]

s-『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』TOHOシネマズ日本橋・スクリーン8.jpg

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』を観てきました。(7月10日 TOHOシネマズ日本橋・スクリーン8)

s-『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』TOHOシネマズ日本橋・スクリーン8チケット.jpg

s-『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』TOHOシネマズ日本橋・スクリーン8 01.jpg

s-『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』TOHOシネマズ日本橋・スクリーン8 02.jpg

このスクリーン8は、TOHOシネマズ自慢の巨大なスクリーン(TCX)と前後左右のみならず頭上からの音響システム(DOLBY ATMOS)を備えており、その迫力は言葉ではなかなか言い表せません。料金が200円高くなりますがその価値は十分にあります。まさにその場に居る醍醐味が味わえるのです。

s-『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』TOHOシネマズ日本橋・スクリーン8 05.jpg

s-『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』TOHOシネマズ日本橋・スクリーン8 03.jpg

まして上映作品が『パイレーツ・オブ・カリビアン』です、面白くないわけがありません!どっぷりとその面白さに浸ってきました。


『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズすべてを観ておりますが、初めて観た第一作の興奮がよみがえりました。これまでの根底となる、おどろおどろした呪いの要素は残しているものの、テーマパークのアトラクションを楽しんでいるような爽快感があります。ジェットコースターのスピード感と思わず笑い転げてしまう展開には度肝が抜かれる思いです。さらに第一作で重要な要素であった親子や家族の愛情の描き方に重点が置かれて、ファミリーで楽しめるディズニー作品に仕上がっております。もちろんおとなでも十分に楽しめて、特に男性にはニヤリとしてしまう意味深なセリフもボンボン飛び出して笑わせてくれます。世界中で大ヒットするわけです。

s-『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』TOHOシネマズ日本橋・スクリーン8チラシ裏.jpg

エンド・クレジットのあとに、“to be continue”的な映像が用意されております。次回第6作目が楽しみです。どんな展開になるのでしょうか、悪者の海賊はすべて退治されてしまいましたので…。私の様な年配者には考えられないストーリーと映像が出来上がることでしょうね、楽しみに待ちましょう。


nice!(0)  コメント(0) 

映画『ハクソー・リッジ』 [お気に入りの映画]

s-『ハクソー・リッジ』パンフレット.jpg

映画『ハクソー・リッジ』を観てきました。(6月26日 TOHOシネマズ日本橋・スクリーン8)

s-『ハクソー・リッジ』チケット.jpg

s-『ハクソー・リッジ』TOHOシネマズ日本橋・スクリーン8.01.jpg

s-『ハクソー・リッジ』TOHOシネマズ日本橋・スクリーン8.02.jpg

冒頭、TRUE STORY (実話)の文字が映し出されます。第2次世界大戦の激戦地、沖縄の前田高地での壮絶な戦いを描いた作品で、米軍からはのこぎり(ハクソー)の様な崖(リッジ)と呼ばれた戦場です。終戦直前の沖縄戦は教科書でしか知らない戦後生まれの私にとっては衝撃的な映画です。

武器を持たず、殺人は許さず、ひとを愛せよとの神への信仰を頑なに守るひとりの青年の話で、見るにつれて冒頭の“実話”の文字が胸に突き刺さってきます。60過ぎの私にとっても、実話としては強烈すぎるほどの映像が展開されます。

s-『ハクソー・リッジ』ギャラリー.jpg

特に後半、題名となっているハクソー・リッジでの戦闘はすさまじいものです。数年前でしょうか、スピルバーグ監督による『プライベート・ライアン』のオープニングの凄まじい戦闘映像に、船酔いみたいなめまいをを感じてしまいましたが、今回はそれどころではありません。よくぞ撮影したと思われるほど凄まじいのです。これが本当の戦争なのだと何度自分に言い聞かせたことでしょうか…。パンフレットの解説によると、CGは極力使わずに爆発などを実写で撮影したとの事。相当大変な撮影だったのではないでしょうか。今年度のアカデミー賞で、録音と編集部門の受賞は納得です。

s-『ハクソー・リッジ』チラシ裏.jpg

主人公デズモンド・ドスを演じるアンドリュー・ガーフィールドは今年初めのマーティン・スコセッシ監督『沈黙 ーサイレンスー』でのロドリゴ神父役が印象に残っております。いみじくも両者共に神への信仰を頑なに実行する役柄です。細身の長身が恐ろしいほど似合っています。アカデミー賞主演男優賞ノミネートも当然でしょう。


単なる戦争映画・反戦映画ではなくて、ひとりの青年のヒューマン映画です。生還したデズモンドが87歳で亡くなる前に撮影されたインタヴュー映像が挿入されます。主人公に命を助けられた戦友も生きることの素晴らしさを語ります。そう、生への賛歌なのです。凄まじい戦闘シーンに目をそらさずに、ひとりでも多くの人に見て欲しい映画です。歴史に残る戦争映画です…。

s-『ハクソー・リッジ』チラシ表.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

映画『追憶』 [お気に入りの映画]

s-『追憶』チラシ表.jpg

映画『追憶』を観てきました。(5月22日 TOHOシネマズ日本橋・スクリーン4)

s-『追憶』チケット.jpg

s-『追憶』TOHOシネマズ日本橋・スクリーン4.01.jpg

s-『追憶』TOHOシネマズ日本橋・スクリーン4.02.jpg

前の月に予告編を見ました。“幼馴染みの少年三人が25年後再会をした時、殺人事件の容疑者であり、捜査担当の刑事であった…”。あれっ?、10年以上前に見たクリント・イーストウッド監督の『ミスティック・リバー』じゃん!!

s-『ミスティック・リバー』.jpg

『ミスティック・リバー』をそのまま日本版にした作品かと最初は思いました。ただ気になったのが、監督が降旗康男で、

s-『追憶』監督・降旗康男.jpg

撮影が木村大作、

s-『追憶』撮影・木村大作.jpg

この巨匠ふたりの名前を見たときに、これはただ物ではないな!、と感じて見に行ったわけです。案の定、基幹となるプロットは『ミスティック・リバー』と同じですが、内容は全く別物です。幼馴染の少年三人の生い立ちも詳しく、25年後の生活や家族も丁寧に描かれております。演じるのは今の演劇界をけん引する豪華な若手俳優たち、岡田准一、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラそして吉岡秀隆の面々です。

s-『追憶』チラシ裏.jpg

スタッフもキャストも、皆さん数々の映画賞や演劇賞などを受賞している、いわゆる大物揃いです。これだけのメンバーが揃って、おもしろくないわけがありません。涙してしまうのは単に加齢のせいだけではないでしょう…

s-『追憶』.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

映画『Disney 美女と野獣』実写版 [お気に入りの映画]

『Disney 美女と野獣』ロゴ.jpg

s-『Disney 美女と野獣』パンフレット.jpg

Disneyの映画『美女と野獣』を観てきました。(4月26日 TOHOシネマズ日本橋・スクリーン8 TCX&DOLBY ATMOS)

s-『Disney 美女と野獣』チケット.jpg

s-『Disney 美女と野獣』TOHOシネマズ日本橋・スクリーン8.01.jpg

s-『Disney 美女と野獣』TOHOシネマズ日本橋・スクリーン8.02.jpg

91年にディズニーがアニメ化してから、この作品にどれほど楽しませてもらったことでしょうか。ディズニーだけを思い出しても、アカデミー賞の作品賞にノミネートされたオリジナル版から、バージョンアップされたIMAX版、さらに舞台化されてからは赤坂の特設劇場での劇団四季公演、00年にはブロードウエイで本場の舞台を鑑賞して、それらを挟むように95年と03年にはフロリダ・オーランドに出向いてウオルト・ディズニー・ワールドのテーマパーク“MGMスタジオ(現ハリウッド・スタジオ)”のアトラクションとしてのショウ・ステージ(25分)、などを経て今回の実写版となります。

s-『Disney 美女と野獣』ポスター01.jpg

大幅に手が加えられております。各キャラクターの人物像は素晴らしいほど掘り下げられており、場面の書き換え、演出にも驚かされてしまいます。まずオープニングの野獣にされてしまうくだりは、城での贅を尽くした舞踏会での出来事となり、ラスト・シーンではバラの花びら、最後の一枚が完全に落ちてしまい魔法は解けぬまま、みんなカチンコチンに…。

s-『Disney 美女と野獣』ポスター02.jpg

お馴染みのミュージカル・ナンバーに、新たに書き加えられた感動的な楽曲に涙すらしてしまいます。今さら、なぜこの時期に映画化されたのか、その意味が観終わってからヒシヒシと感じられます。ディズニー史に残る傑作となることでしょう。

それにしても、実写とCG映像の融合に唖然としてしまいます。映画が開発されて100余年、デジタル化されてまだ40年足らずです。テクノロジーの進歩に驚くやら、嬉しいやら、この先どうなってしまうのでしょうか?

s-『Disney 美女と野獣』ギャラリー.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

映画『モアナと伝説の海』 [お気に入りの映画]

ディズニーの最新アニメ『モアナと伝説の海』を観てきました。

『モアナと海の伝説』タイトル.jpg 

3月27日 TOHOシネマズ日本橋・スクリーン6

s-『モアナと海の伝説』チケット.jpg

s-『モアナと海の伝説』TOHOシネマズ日本橋・スクリーン6.01.jpg

s-『モアナと海の伝説』TOHOシネマズ日本橋・スクリーン6.02.jpg

期待以上の出来栄えでした。ディズニー・アニメに新しいヒロインの登場ですが、ロマンスは一切ありません。ポカホンタスのような自分の意思をしっかりと持ちながらも、現代のJKを感じさせる言動をする女の子ですので、女子中高生などは簡単に感情移入ができることと思われます。

s-『モアナと海の伝説』パンフレット表紙.jpg

私たち夫婦が特に気に入ったのは、“海”の描き方です。毎年のように訪れているハワイの海そのものが見て取れます。感情を持つ海や波も面白いのですが、静まり返った海面や波打ち際、鮮やかなグラデーションなど正に実際に海そのものを見ているようです。CG技術の出来栄えにただ驚くばかりです。ついでですが、髪の毛の描き方も、お見事ッ!の一言です。

劇中ではモトゥヌイと言う地名の島が舞台ですが、私たちにはどうしてもハワイ諸島を感じてしまいます。ビショップ博物館で勉強したハワイの歴史そのものがスクリーンで表されているのです。特に、新天地を求めて移住する大海原の旅…、その船から海洋術まで描かれており感動すらしてしまいます。

s-『モアナと海の伝説』シーン.jpg

『アナ雪』や『ズートピア』、『ベイマックス』などなどこれからもディズニー・アニメに目が離せません。次はどんな世界に連れて行ってくれるのか楽しみです。さらにあらためてハワイに行きたくなってしまいました…。海中のホヌ(海がめ)にもまた会いたい!…

s-『モアナと海の伝説』パンフレット裏表紙.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

映画『しゃぼん玉』 [お気に入りの映画]

s-『しゃぼん玉』パンフレット表.jpg

映画『しゃぼん玉』を観てきました。(3月10日・シネスイッチ銀座1)

監督はTVドラマ「相棒」シリーズでお馴染みの東 伸児さんで、劇場映画の初監督作品です。この日はちょうど劇場にいらしており、ご挨拶をしてサインを頂いてしまいました。パンフレットの裏表紙とチケットです。

s-『しゃぼん玉』パンフレット裏02.jpg

監督は温和そうな優しいお顔で、私たち夫婦にもにこやかに接してくださいました。上映前でしたので作品への期待が高まりました。

『しゃぼん玉』監督・東 伸児.jpg

心に傷を持つ青年が事件を起こして逃亡中、偶然に出会った老婆と一緒に暮らす内に少しずつ人間性を取り戻す物語です。青年に林 遣都、老婆に市原悦子の配役で、ふたりの演技に泣かされてしまいます。

s-『しゃぼん玉』チラシ02.jpg

さらに劇中に出てくる郷土料理は実に美味そうです。撮影用に特別に作ったんですね。食べたぁ~い!

s-『しゃぼん玉』食事.jpg

エンドロールに同じ苗字がかなり見られました。村人のエキストラとして家族皆さんで協力出演なさったのでしょうね。自分の名前が大きなスクリーンに映し出されてさぞかし大喜びをしたことでしょう。映画として後世に残るのですから…。

心の引き出しに残る作品です。永く上映してたくさんの方々に見てほしいです!

10歳の時から映画館に通っている私ですが、社会人になって映画を見る本数が一時期、年に10本程度に落ちたことがあります。月に1本も見ていない勘定です。今から思うとよく我慢できたと思います。お陰様でこの年になり時間に余裕ができたのでしょうか、今年はまだ二か月半しか経っておりませんがすでに6作品を観ております。まだまだ、今年これからどんな作品と出会えるか楽しみでなりません…


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - お気に入りの映画 ブログトップ