So-net無料ブログ作成
検索選択

わが青春のテノール『ニコライ・ゲッダ』 [オペラとミュージカル]

s-ニコライ・ゲッダ『訃報』.jpg

新聞の片隅に小さな訃報が載りました。(2月12日 朝日新聞)

たった8行の小さな小さな記事ですが、私にとっては重大事件です。ニコライ・ゲッダ(Nicolai Gedda)は私の青春時代を鮮やかに彩ってくれたテノールです。

s-ニコライ・ゲッダ01.jpg

生まれて初めて買ったオペラのレコードはプッチーニの『ラ・ボエーム』で、15歳高校一年生の時でした。ミルレラ・フレーニのミミにロドルフォがニコライ・ゲッダです。

s-ニコライ・ゲッダ『ラ・ボエーム』01.jpg

s-ニコライ・ゲッダ『ラ・ボエーム』02.jpg

アナログLPレコード2枚組で豪華なBOXに入って、50年前で4000円しました。この演奏は大好きで今ではCDに入れて聴いております。

解説書に録音風景とゲッダの写真がありますので紹介します。

s-ニコライ・ゲッダ『ラ・ボエーム』03.jpg

s-ニコライ・ゲッダ『ラ・ボエーム』04.jpg

当時私は同い年のウィーンの女の子と文通をしており、16歳の誕生日にモーツアルトの『魔笛』のレコードをプレゼントされました。

s-ニコライ・ゲッダ『魔笛』01.jpg

s-ニコライ・ゲッダ『魔笛』02.jpg

指揮はオットー・クレンペラーで、ゲッダがタミーノを歌っております。

昔は軽量の封書でも、ウィーンまで航空便で1週間くらいかかりました。このレコードは南回りの船便で一か月を超える長旅をしてきました。荷物室など冷房が効いているわけではありませんので、我が家に到着した時レコードはクナクナに反り返っており、聴ける状態ではありませんでした。大量の新聞紙で挟み、大きな本で重しをして一か月、ようやくレコード針が飛ばないくらい平たくなりました。半世紀が経っても忘れられない思い出です。当然ですが今はCDに入れてあります。

ニコライ・ゲッダは素直で優しい歌声です。ルチアーノ・パヴァロッティやジュゼッペ・ディ・ステファーノなど強烈なインパクトがあるわけではありません。それが故にいろいろな役柄を歌いこなせるのだと思います。人並み外れた声域も見事で、安心して聴いていられます。

我が家のオペラ・ライブラリーも徐々に増えてゲッダのアルバムとしては、

s-ニコライ・ゲッダ『椿姫』.jpg

『椿姫』のアルフレードに『カルメン』のドン・ホセ、

s-ニコライ・ゲッダ『カルメン』02.jpg

マリア・カラスとの共演は『蝶々夫人』のピンカートンもあります。指揮はカラヤンです。

s-ニコライ・ゲッダ『蝶々夫人』01.jpg

s-ニコライ・ゲッダ『蝶々夫人』02.jpg

録音はすべて50年代から60年代で、私が生まれて間もなくから小学生の時代です。オペラの入門編と言えるべき名作ばかりですが、今でも聴いているお気に入りです。クレンペラーやカラヤン、カラスにパヴァロッティ、ディ・ステファーノ、みなさんすでに次の世界へと引っ越しをされており、ゲッダも逝ってしまいました。寂しい限りですが“録音”が残っております。我が家のオペラ・ハウス(?)でこれからも楽しむつもりです。

ひとつ大変なことに気が付きました、現在我が家にいるマリオ・カヴァラドッシとカラフ王子がゲッダではありません。無性にゲッダの『トスカ』と『トゥーランドット』が聴きたくなりました。早速買いに行きましょう…!

子供の時にオペラの楽しさを教えてくれて、その後の人生を豊かにしてくれたニコライ・ゲッダに感謝しております。ご冥福を祈るばかりです…

s-ニコライ・ゲッダ Nikolai_gedda.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。