So-net無料ブログ作成

お誕生日と『スター・ウオーズ』 [お気に入りの映画]

先週2月1日にめでたく(?)誕生日を迎えて66歳になりました。自分へのお祝いとして映画『スター・ウオーズ』のBlu-rayを購入しました。エピソードⅣ、Ⅴ、Ⅵの3枚セットです。

s-STAR WARS Ⅳ Ⅴ Ⅵ Bul-ray.jpg

実は昨年暮れに『ローグ・ワン STAR WARS STORY』を観て、そのすぐ続きとなるエピソード4をどうしても見たくなったのです。我が家にあるのは古いVHSビデオ版で、エピソード4もタイトルはまだ『STAR WARS』となっております。

s-STAR WARS.jpg

1977年に全米公開された記念すべき一作目は、最近“A NEW HOPE 新たなる希望”とのサブ・タイトルが付けられました。早速、我が家がBlu-rayシアターとなりじっくり鑑賞すると、あらためてその映像や音響などに驚かされてしまいました。面白いのは当然のことですが、その後に続く伏線がそこら中に張り巡らされており、ジョン・ウイルアムスの音楽もその後のテーマ曲となるイントロが随所に聞き取れるほどです。すべてが最初から構築されていたのです!! ビックリです、“新たなる希望”どころか“新たなる発見”です。

s-『STAR WARS』レイア姫役のキャリー・フィッシャー.jpg

レイア姫役のキャリー・フィッシャーさんが心臓発作で昨年末に急死されたことには驚かされましたが、母親のデビー・レイノルズさんも娘と一緒に居たいとのことで後を追って旅立ってしまいました。何が何だか解らないほどのショックを受けました。

デビー・レイノルズさんは私より19歳年上のお姉さんです。私が小さいころから銀幕のスターであり、歌手でした。“タミー”の歌声を聴いて育ったのは私だけではないでしょう。私にとって一番の思い出は『雨に唄えば』や『不沈のモリー・ブラウン』より、小学生で見たシネラマ初の劇映画『西部開拓史』です。

s-『西部開拓史』パンフレット表紙.jpg

s-『西部開拓史』デビー・レイノルズ.jpg

末娘のリリス役で、歌も披露しておりました。

s-『西部開拓史』画面.jpg

イギリス民謡“グリーン・スリーヴス”を元にしたテーマソングも歌っております。

s-『西部開拓史』テーマ曲レコード.jpg

s-『西部開拓史』パンフレットよりデビー・レイノルズ.jpg

当時の写真を見ても、娘のキャリー・フィッシャーさんにそっくりです。『西部開拓史』のリリスも『スター・ウオーズ』のレイア姫も勝ち気で男勝りの役柄で、今更ですが不思議な母娘の縁を感じてしまいます。

s-デビー・レイノルズとキャリー・フィッシャー母娘.jpg

おふたりのご冥福をただただお祈りするばかりです。

66歳の誕生日、40年以上も昔のことを思い出させてくれた貴重な一日でした…


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。