So-net無料ブログ作成

『ポンピドゥー・センター傑作展』東京都美術館 [世界の美術館&博物館]

上野の東京都美術館で『ポンピドゥー・センター傑作展』を観てきました。(9月19日)

s-東京都美術館.jpg

s-チケット.jpg

s-東京都美術館・入口.jpg

パリ、ポンピドゥー・センターから来日した作品は約70点。1906年から1977年までの間で、1年1作家1作品で20世紀美術をたどる展覧会です。まず目に飛び込むのは鮮やかなフランス国旗、≪旗で飾られた通り≫ ラウル・デュフィ 1906年です。

 s-旗で飾られた通り ラウル・デュフィ 1906.jpg

少し飛んで1926年にはロベール・ドローネーの≪エッフェル塔≫があります。

s-ロベール・ドローネー エッフェル塔 1926.jpg

それぞれ鮮やかな色彩で、本場パリのエスプリが感じられます。

時代は前後しますが、普段からお馴染みの作品にも出会えます。まずは1917年、マルク・シャガールの≪ワイングラスを掲げる二人の肖像≫

s-マルク・シャガール ワイングラスを掲げる二人の肖像 1917.jpg

1935年は、パブロ・ピカソの≪ミューズ≫

s-パブロ・ピカソ ミューズ 1935.jpg

1948年は、アンリ・マティスの≪大きな赤い室内≫

s-アンリ・マティス 大きな赤い室内 1948.jpg

絵画だけではなくて、写真作品もあります。1932年アンリ・カルティエ=ブレッソンの超有名な≪サン=ラザール駅≫

s-アンリ・カルティエ=ブレッソン サン=ラザール駅 1932.jpg

私が特に足を止めて見入った年代が、終戦を挟む1944年から1946年のコーナーです。まず、1944年はオペラ座前で撮られたモノクロの写真です。フランス語に交じりドイツ語の看板や標識の中、ドイツ軍が撤退する様子が撮影されております。≪ドイツ軍が撤退するオペラ座広場≫作家はジャン&アルベール・ゼーベルガーです。手元に写真がなくて残念ですが、歴史の一瞬が見事に捉えられております。

続く、1945年は展示作品がありません。エディット・ピアフが歌う≪バラ色の人生≫が静かに流れているだけです。

そして1946年を見ると、アンリ・ヴァラシンの色鮮やかな≪ピンクの交響曲≫が展示されております。

s-アンリ・ヴァランシ ピンクの交響曲 1946.jpg

ナチスに占領された時代から終戦へ、そして解放された新しい時代が、この3年間の作品で見事に表現されております。戦争を知らない私ですが、胸に迫るものを感じてしまいました。見事な演出です…

芸術とか、文化とか、私にとっては難しくて理解できませんが、映画を見たり、コンサートに行ったり、美術展を観たりしていると、時々ハッとさせられて心に残るものを感じることがあります。心の肥やしや心の引き出しになっているのでしょうか?そうであればもっともっと吸収したいものです…


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。