So-net無料ブログ作成
検索選択

ニューイヤー・コンサート 2014、サントリーホール [コンサート]

新年を迎えました。元旦、二日と、東京の気温は15℃位まで上がり、穏やかな晴天で2014年が始まりました。

三日多少曇りがちな天候の中、我が家恒例のお正月行事であるサントリー・ホールのニューイヤー・コンサートに出かけました。

s-サントリー・ホール チラシ.jpg

かれこれ19年になるでしょうか。毎年このコンサートを聴いております。元旦に私の実家に、二日に妻の実家にそれぞれお正月の挨拶に伺い、三日にようやく夫婦ふたりの時間として行きだしたのがきっかけでした。以来、このコンサートを聴かないと新年を迎えた気がしないのです。

毎年9月の最終土曜日にチケットの前売りが始まりますが、一昨年からインターネットによる先行発売(一般前売りの2週間前)が始まり、それを利用しております。座席の指定もできるので多いに助かっております。毎年我が家の指定席は最前列です。当然ながら中央の座席をゲットです!!

s-サントリー・ホール チケット.jpg

s-サントリー・ホール入口.jpg

開演前にシャンペンでお正月気分を味わいます。ワインは好きで良くいただきますが、普段我が家の生活の中ではシャンペンを飲む機会はほとんどありません。この日ぐらいはお祭り気分で気持ちよくいただいてしまいます。

s-サントリー・ホール シャンペン.jpg

グラスで1500円します。ワインだと500円ですが、この日だけは大奮発しておとなのささやかな悦びに浸ります。たった一杯でも実に心地よい酔いが廻ってきます。

最前列中央の座席は、指揮者の背中だけで、オーケストラのメンバーや配置はほとんど見えません。しかしながら、毎年私たち夫婦ふたりのために演奏してくれているような大変大きな錯覚に陥りながら演奏を楽しんでおります。ソプラノやテノールの歌声は目の前なのでその迫力に圧倒されてしまいます。

s-サントリー・ホール 舞台後方客席から.jpg

開演前にステージ後方客席の最後尾から撮影した写真です。最前列中央の赤いセーターを着ているのが妻で、向かって左側の白っぽい袋が置いてある席が私の座席です。アップにしてみると、こんな感じです。

s-サントリー・ホール 舞台後方客席から02.jpg

プログラムの最終曲ヨハン・シュトラウスの『美しく青きドナウ』が終わると、指揮者オーラ・ルードナー氏と楽団員全員から“Akemasite Omedetoh Gozaimasu!”と日本語で挨拶があり、続けて指揮者がステージ前面、私の目の前に進み出て、“Kokorokara(心から…)”と、右手で自分の左胸を叩きながら挨拶をされました。顔を下げて客席全員2000人の聴衆に向って言ったものでしょうが、完全に私と顔を合わせて目が合い、私個人に言われたようでした。私は驚きながらも悦びで、同じように右手で自分の左胸を叩きながら、感謝の意を表現しました。

アンコール1曲目は、2012年サントリーホール開場25周年を記念してフォルクス・オーパーから贈られたワルツ『一月一日(いちがついちじつ)~ヨハン・シュトラウス風~』(作曲ヨハネス・ホリク)で、あの「年の初めのためしとて~」と歌われる日本の童謡をベースにしたワルツで、私のお気に入りの曲です。12年(世界初演)、13年とプログラムに組み込まれていましたが、今年はプログラムに無くて残念な気分になっていたところ、アンコールで演奏されて、オツな事をするものだ!と感心をしてしまいました。11年の震災直後だったため、復興するまで末永く演奏して欲しいと願い、サントリーホールにお願いのメールを送ったほどです。(サントリーからは参考にして検討したいとの丁寧な返事を頂いて感激してしまいました) 演奏が終了すると、指揮者が再び客席に向かって、またまたわたしに顔と目を合わせながら“Uresiidesuka?(嬉しいですか?)”と問いかけました。再び私に言われたようで、おもわずウルウルしてしまいました。来年もぜひ聴きたい曲です。

アンコールは続いて、シャンペンを手にして、オペラ『椿姫』から「乾杯の歌」、そして聴衆全員の手拍子で『ラデツキー行進曲』。この手拍子、本場ウィーンではいつから始まったものなのでしょうか?手が痛くなるほどの手拍子で締めくくり、楽しく、また心に残るコンサートでした。来年も元気でこのコンサートが聴けるように、この一年を元気で、健康に過ごしましょう。鬼が笑うかもしれませんが、来年が楽しみです……

 


nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

赤とんぼ

初めまして、今夜も寒いですね、私は、国立西洋美術館行きたいです
本物見たいのです。昔のお話です東京へ機関車8時間かけて靖国
神社に博物館に大きな振りこ見ました。ありがとう
by 赤とんぼ (2014-02-06 21:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。