So-net無料ブログ作成

東京のプチ・オルセー『国立西洋美術館』 [世界の美術館&博物館]

  まったくの個人的見解で、言い換えれば自分でそう思っていることだけなのですが、東京・上野の『国立西洋美術館』の常設展示室を、『プチ・オルセー美術館』と呼んでおります。

  日本で、ルノワール、モネ、マネ、そしてギュスターヴ・クールベなどの作品がまとめて鑑賞できる美術館を私はほかに知りません。特にクールベは、現地パリのオルセー美術館で初めて知り興味を抱き、ここ東京でも5作品が鑑賞できることに興奮してしまうほどです。                             s-クールベ.jpg                         s-ルノワール.jpg                                                             〈上・クールベ、下・ルノワール〉

上の写真の隣に、私が個人的に『モネの間』と呼んでいる展示室があります。                   s-モネの間.jpg                                        〈モネの間。右に『舟遊び』、左の彫刻はロダンの作品〉

ここ西洋美術館の常設展は、写真撮影が許されており名画とのツー・ショットが可能です。           ただし、1.フラッシュを使用しない                                                      2.ほかのお客様に迷惑をかけない                                                        3.撮影禁止の作品もあるので注意すること …と、簡単なルールがあります。 

ほとんど全ての美術館と言ってよいほど、一概に全て撮影禁止にしているのが現状です。         作品保護のためには当然のことで、人類の文化財を後世に受け継いで残していくことを重く考えなければなりません。しかしながら、訪れた記念に名画とのツー・ショットを撮りたくなるのが人情です。                    昨今のデジタル・カメラは性能が格段に向上して、フラッシュをたかずにも、少々の暗闇でも撮影ができます。私たち夫婦も、パリで、ウィーンで、ロンドンで、ニューヨークで、それぞれの超有名な美術館で撮影をしてしまいました。(…ごめんなさい) 

ここ東京のプチ・オルセーでは許されているので、大好きなモネの『睡蓮』と一緒に撮影しました。                                                                s-睡蓮.jpg                          

東京にお越しの際は、プチ・オルセーをぜひ訪れてください。月曜休館、おとな420円でゆっくり鑑賞できます…

 


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

ponko310

なつかしいですねぇ、上野の国立西洋美術館。
私も日本にいた頃は何度か訪れました。
このページに影響されましたので、私も来週あたりベルリンの美術館で絵を鑑賞して来る事にします。さて、どの美術館にしようか・・・余りに多すぎて・・・。
by ponko310 (2013-05-29 08:11) 

長老純爺

ベルリンには美術館島があると聞きます。
アルテとノイエの美術館、一度は訪れてみたいですね…。

日本の公共施設の美術館は、常設展で420円、企画展は1500円前後します。ロンドンでは無料で公開されておりました。ベルリンの美術館はどの位の料金なのでしょうか?興味があります…。
by 長老純爺 (2013-05-29 10:51) 

ponko310

ベルリンは文化と歴史の街ですよ。
壁が開いてから動物園が2つになりましたし、メインストリートも二つです。
ポツダムや、ナチの収容所など見る所は多すぎて団体旅行ではもったいないくらいです。
これは旅行者の為の三日間チケットです。
http://www.visitberlin.de/en/article/museum-pass-berlin
すごいサービスでしょう。

運賃もこれ
httphttp://www.bvg.de/index.php/en/index.html

そしてさらにはこんなのも
://www.visitberlin.de/en/welcomecard?tid=860
by ponko310 (2013-05-30 19:58) 

長老純爺

ベルリンのmuseum-pass、72時間分で約2400円、安い!!
以前パリでも同じようなパスを利用しました。
日本ではなんでできないのでしょうか?
日本政府は一生懸命に外国人観光客を誘致しているのに…

ドイツにはまだ行ったことがありませんが、ウィーンとザルツブルグを訪れた時に、ハム、ソーセージの旨さとパンのセンメルの美味しさにはまってしまい、いまだにマクドナルドのパン、バンズが口に合わなくて食べられません。あの柔らかすぎて、くにゃくにゃ感がだめなのです。

こんなことを思い出していると、すぐにでもドイツに行きたくなってしまいます。ビールも飲みたいなぁ~……
by 長老純爺 (2013-06-02 15:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0