So-net無料ブログ作成

青きドナウ [ディズニー]

  ウォルト・ディズニーが1962年に制作した映画に、『青きドナウ(原題:Born to Sing)』があります。ウィーン少年合唱団の日常の生活を描きながら、少年たちの温かい友情とすばらしい演奏をおとな達の愛情で見つめた音楽映画です。配給は「日本RKO映画社」、配給会社の名前を見ただけでも懐かしくてドキドキしてしまいます。62年制作ですからおそらく日本公開は63年、私が12歳です。

s-青きドナウ パンフレット.jpg                                            <『青きドナウ』パンフレット表紙>

  この映画の思い入れは、年齢にあります。当時の合唱団員は私と同じ年齢、世代なのです。海の向こう音楽の都ウィーンでは、同じ年齢の子がこんなにうまく歌えるんだ…、ビックリするやら感心するやら、ただただ画面と演奏に夢中になってしまいました。                             30数年が経ち米国に旅行に行った際、ディズニー・ストアでこの映画のビデオをさがしました。   先週記事にした、ヘイリー・ミルズのビデオを買いあさっていたころです。若い店員さんは『Born to Sing』の名前すら知りません。おそらくビデオ化、DVD化はされてないようです。合唱団との利権の問題もあるのでしょうか。もし発売されていれば、喉から手が出るほどほしい作品です。

s-青きドナウ 完成記念パジャマ贈呈 ウォルト・ディズニー.jpg                  <映画完成を記念して400着のパジャマをウィーンの孤児院に贈るウォルト・ディズニー、                                                                                      パンフレットより>

  この映画で合唱団の指揮をした、ヘルムート・フロシャウアー氏は64年の来日公演時の指揮者で、その生の演奏に接した記憶はいまだに忘れらずに、強烈な印象となっております。(1964年  5月13日、新宿厚生年金会館ホール)東京オリンピック開催の年で、アンコールに日本語で歌われた「東京オリンピック賛歌」も良い思い出です。                                      そんなわけで映画『青きドナウ』、DVDさがしています!


nice!(0)  コメント(3) 

nice! 0

コメント 3

ponko310

はじめまして

「青きドナウ」の画を検索していましたら、このブログに出会い、時々読ませていただいております。
私も映画が大好きで、ここで自分が見て感動した映画やミュージカルの記事に巡り会うと嬉しくてキッキと一人笑いをしております。
「のだめカンタービレ」でフランスにまで行ってしまわれた事、余りに仲の良いご夫婦のご様子で、はたまたキッキと嬉しくなって読みました。
PCなど最近から始めましたのでまだよく操作できませんが、
私も遊び半分でブログを始めここの「プログラム」の画を使わせていただきました。
私も古いプログラムを持っているのですが、ぼろぼろでブログに載せるのが気に引けて、すでに載せてしまっているのですが、改めてお許しを頂けたらとこれを書いている次第です。
もし、ご都合が悪ければただちに画を変えます。
もし許可がいただければ、URLを加えてそのまま載せます。
「青きドナウ」のDVDは手に入れられましたか?

by ponko310 (2013-04-25 00:44) 

ponko310

ブログへのコメント、有難うございました。
と~っても嬉しかったです。
30日の来るのが待ちきれません。
ドイツは今8時間遅れているので
8時間早く見られるって事なのです。
得した気分ですよ。
by ponko310 (2013-04-26 18:35) 

ノースエンド

DVDはアメリカで”Almost Angel"の題で出ておりますが、もう中古のものを探すしかありません。ただし、日本のDVDプレーヤーでは見られません。コンピューターかリージョンフリーのDVDプレーヤーなら見られます。amazon USAで検索してみてください。
by ノースエンド (2016-01-15 13:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。